EC HM玉座老朽化

EC HM玉座

EC HM玉座

鍵が抜けない、と言われて令和の初現場、U9 BHのキーを抜くのに強い力が必要で、老婦人では無理なのかも知れません。HM玉座のキーはかなり古い1ピンのECなので40年以上前、デッドとラッチが同時に動く不可解な動作でした。原因は錠ケース老朽化でなく、玉座内筒の遊びが大きくなりすぎており、角芯をスムーズに回せなくなっています。U9 玉座に交換し、BHのu9シリンダーは同一キー組替しましたので、利便性がアップです。H660タイプのu9でしたので、かなり古く20年くらい前でしょうか、タンブラーすべて新品にしてリフレッシュです。過去に依頼したと言われても思い出せず、帰着して台帳を確認すると金庫ダイヤル開けを5年前にやっています。玄関ドアを見ても思い出せないのも納得。

showaサムラッチ錠ピン組替

showa CSM

showa CSM

立川市の賃貸戸建て、大家さんからの入電です。リフォーム屋の見積もりが50,000円で高いとのお話です。showaのサムラッチ錠CSMは廃盤ですが、メンテナンス部品として再販されているようですが、セット交換になると高くつきます。入居者交代で鍵が変わればいいということですが、シリンダーのみの供給はありません。
サムラッチ

サムラッチ

showaの5ピンシリンダーのピンをすべて移植しました。若いときほどスピーディにできないもどかしさを感じます。シリンダー固定のねじ込み2本脚が猛烈に固く、左回しで不運にも根本から折れました。ドリルでほじくり、再度タップでねじ山作り、手持ちの脚をつけてなんとか修復できました。

GOAL玉座破壊交換

インテグラル錠

インテグラル錠

鍵ががたついてるというような入電、現場で確認すると室内ノブの緩みでした。GOAL PATENTの刻印なので40年は使用しているでしょう。ノブはねじ込み式ですが、いくら回しても外れません。ネジ山が馬鹿になっており、これはかなりレアケース。
GMD500

GMD500

交換前提なので破壊して、玉座を取り外しました。錠ケースごと交換です。ケースの厚み違い、デッド位置ずれのため、若干加工。玉座は使いやすくて5本付属のディンプルキーとしました。

廃盤レバーハンドル錠の故障

レバーハンドル

レバーハンドル

ホテルの風呂ドア、レバーハンドルが折れて外せないとの連絡を受けました。なぜかお風呂にMIWA LD BS31、これは廃盤です。レバーハンドルは内側が腐食して折れ、角芯はケースのダルマに残ったままレバー外側は、どれほど衝撃を与えても取り出せません。長年の腐食で金属が膨張した模様、これほど厄介な腐食は初めてです。超鋼ロータリーバー切削も時間がかかり、ベルトサンダーでダルマを破壊していきます。
LAレバーハンドル

LAレバーハンドル

用意してきたLA BS31で若干の加工をして取付けました。スペーシングは5mm違いで、エスカッション不要でした。外側はめくらシリンダー、内側は穴を隠すエスカッション、デッドを使わないのになぜLD錠なのか、リフォームの際、余っていた建材ドアを流用したのではないかと考えられます。

東京市部の億ション開け

玄関GOAL

玄関GOAL

西東京市、2003年式 競売マンションは、4LDK、当時約1億だったそうです。管理費と積立金で月額6万円もかかるそうで、維持費も相当です。この年代のプッシュプル錠はらくらく解錠、で完了したかと思ったら、隣に同一ディンプルシリンダーのトランクルームがありました。
トランクルーム

トランクルーム

サムターンがないので試しに久々バンプキーを試すも、ピンの動きが悪いようで解錠気配なし。破錠して解錠、後日3個同一キーシリンダー交換となります。

htmlコンテンツ