VWフリーホイール撃沈

ゴルフ7

ゴルフ7

2016yゴルフ7インロックの解錠と聞いたとき、初めてフリーホイールに出くわすかと思いながら出動しました。カバーを外すと鍵穴は縦、通常テンションをかけると内筒の感覚も通常だと感じます。ようやくピックできたと思ったら内筒の回転は180度以上、手前のキャップだけが回っています。その後フリーホイール専用テンションをかけても、内筒はすぐに空回り、一度空回りすると、もうLISHIピックなどでないと解錠できないのかも知れません。1時間粘って、見通しが立たないので引き揚げました。専用テンションのかけかたが悪いのか、あるいは、最初から専用テンションを使わないとだめなのか、手練れの鍵屋さんのブログを見ると、こういう状態でもピック解錠しており、本当にすごいと思います。久々に敗北感を味わう現場でした。

アウディA3解錠

アウディA3

アウディA3

2015 アウディA3 インロックの現場はあきる野市です。年式からしてVWと同様にフリーホイールの可能性があるかと思いきや、通常テンションで大丈夫です。内溝2トラックのピックのシビアな感覚は必要ないですが、鍵穴横向きなので、やりずらさだけがネックとなります。何とか5分ほどでピッキング解錠完了です。

談合坂SAインロック

アコード

アコード

久々にSAでのインロック出動、場所は談合坂下りSAです。こういうときに限って代車、最低限の装備で済むことを願います。作業自体はホンダの定番ウェーブキーなので、すぐに完了です。今朝仕事車は車検に出したので、ETC機器が付いていません。そのことを忘れて、ETC専用の談合坂スマートICで降りてしまい、インターホンで事情を説明しました。遮断バーが上がり、そのまま東京方面に折り返して八王子ICに降りるので、八王子ICのチケットを持っている理由をまた説明します。個別事情の現金精算となると、待ち時間が多くかかります。久々に高速道路をチケット精算しました。

ベンツS400インロック

ベンツSクラス

ベンツSクラス

現場からの帰り道、白いメルセデスが路上に停まっており、おじさんの挙動を見ながら、インロックしたのではないかと思いながら、通り過ぎました。10分後、ロードサービスからの入電内容は、まさにそのベンツで間違いない、という奇異な体験でした。鍵屋21年間で初めてです。車は2016年S400、このタイプのシリンダーカバーは初めてですが、外し方を動画で見たことがあります。Sクラスなので気を使って養生しました。エマージェンシーキーを差し込んで外すのだったら、ブランクでもいけると思い試したら外れました。鍵穴は横向きで少しやりにくいですが、タンブラーはなぜか8枚、しかも難易度は10年前のメルセデス2トラック並でした。ピックよりもカバー外しの方が気を使います。メルセデスのシリンダーカバーには差込口がなくて着脱に随分苦労する、あるいはリスクを伴うクラスもあるようです。

ミラのハッチ鍵作

ミラ

ミラ

久しぶりに車の鍵作です。福生の現場到着時に、助手席ドアに鍵穴がないことはわかりました。運転席側は壁との隙間が狭いですが、何とか覗いてLow,Highは判別できました。ピックするのは不可能です。ハッチの鍵穴があったので、ここから作成、ドアと同じタンブラー位置でした。
ハッチバック

ハッチバック

イグニッションでタンブラー1枚追加カットです。ハッチバックの鍵穴がなければ、結構厄介で所要時間2倍以上かかったと思います。ラッキーでした。

htmlコンテンツ