VWシロッコ鍵開け

VWシロッコ

VWシロッコ

VWシロッコ 2009年のインロック出動です。鍵穴はカバーを外すと出現しますが、やはり依頼者はこれを知らなかったようです。内溝2トラックのキーですが、この年式だと内筒の傾きが大きく、現行モデルとは比較にならないほど、難易度が低く、気楽に開錠できました。シロッコは2017年で生産終了したモデルでした。

2018パサート解錠

VWパサート

VWパサート

八王子のゴルフ場にてパサートインロック、2018なので間違いなくHU162Tだと覚悟して出動です。鍵穴覗くと、やはり横向きHU162Tサイドカット有り、10ピンタイプです。時間がかかることを伝えて心理的ハードルを下げ、集中すること30分、なんとか内筒を回せました。先日の撃沈後の練習と研究が実を結びましたが、今回はやりやすい配列だったと感じます。さらに練習して感覚を磨けば、確実性も上がるかと思います。

HU162Tピック練習

HU162T

HU162T

先日VWパサートのインロック開けで初めてHU162Tに出くわし、タイムオーバーで撃沈。なるほど、多くの鍵屋さんがギブアップするわけです。久しぶりに研究熱が出たので、HU162シリンダーサイドピンありを15,000円ほどで購入し、練習してみました。奥半分は4トラ、手前が2トラという摩訶不思議な構造、90分ほど練習してようやく解錠方向に回せました。これでは現場で通用しないどころか、全パターンのLISHIピックを揃えないといけないです。更に練習して、感覚を体に覚え込ませる必要があります。

BMWミニクーパー インロック

BMW mini

BMW mini

あきる野市で2010y mini インロックです。ドアハンドルを見て初見、ちゃんとテンションかけられるか不安になります。通常のテンションだと、やはり回転トルクをかけると逃げてしまいます。このままピックしてもやりずらいので、ボルボ用のテンションを使ってみます。回転トルクがきちんと伝わり、しっくり来ました。これで8割方、解決したも同然です。車の解錠はテンション8割、ピック2割だと思います。

タントの鍵作成

タント

タント

代車のタントの鍵を紛失したという老婦人、当然イモビライザーという言葉さえ知らず、ダメ元で現場へ行ってみます。依頼者の言う、年式は古いから大丈夫だとか、イモビライザーなんぞは搭載していないというセリフは当てになりません。今回は確かにイモビライザーなしであることを現認してから鍵作成、配列読みが一発で正解でした。

htmlコンテンツ